海釣り総合サイトでは、初心者、入門者、仕掛けの作り方、ルアー、潮位、貸し釣り舟などをご紹介する、海釣りの総合情報サイトでございます。

釣り餌のつけ方

釣りにおいて餌の付け方は本当に重要な要素のひとつといっても良いでしょう。

そこで、今回は、釣り餌の付け方についてご説明いたします。

私が思うのは、あまり大きすぎてはいけませんし、また、針が少し出ていたほうが係りがよいと思います。魚が食べることを考えてつけて見ましょう。

イソメ、ゴカイの付け方

isome.jpg投げ釣りでキスなどを狙う際の比較的小物向けの餌の付け方になります。

頭を落として、針を通します。あまり長すぎると、投げるときに抵抗になり落ちたり、餌だけをとられたりしますので、ちょうどよい長さにする必要があります。最初はあまり長すぎないほうがよいでしょう。

食い気によって調整しましょう。また、太目のものよりは、細めのほうがよいでしょう。

また、大物カレイを狙う場合は、やはり、頭を落として、針が隠れるように2匹ほど付けます。

アミエビの付け方

これは本当に様々な方法が考えられます。やはり大切なのは、魚が食べると想像して針につけることです。

背中から通す方法もあれば(普段曲がらないほうに曲がる)、おなかから通す(通常のえびぞり)方法および、針が見えないように通す方法や、針先が見える方法、頭を落とす方法などがあります。

個人的には、背中から通し、針先を少し見えるように通す方法が好きです。

カニの付け方

kani2.jpgカニはお知りのところにちょんと針を通します。

死なないように通すわけです。

 

 

 

 

アジなどの生餌の付け方

アジなどのいきえは、背中の硬い部分に針を通します。針を通しても元気に生きています。

貝の付け方

貝も種類や大きさによってそれぞれです。殻もそのまま通す方法や剥き身を使う方法などです。

貝を使う方は比較的上級者の方でしょうから、説明は省略いたします。

 

餌の付け方は本当に様々な方法がありますが、ポイントは、魚の気持ちになってみるということです。

かなり難しいですねwでも、こうすると釣れ出すんです。

つりは経験と実験です。上級者に習うとともに、様々実験してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

  1. 釣りえさの種類

ご質問やそれに対する回答などをお願いいたします





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0