海釣り総合サイトでは、初心者、入門者、仕掛けの作り方、ルアー、潮位、貸し釣り舟などをご紹介する、海釣りの総合情報サイトでございます。

魚種別 仕掛け一覧表

シロギスの仕掛け

 

キスノシカケ

投げ釣りの代表格といえるのが、このシロギスの投げ釣りでしょう。天婦羅、刺身なども非常に美味しいので、人気です。地方ごとにマギスなどいろいろな名前があります。

左の画像はクリックで拡大可能です。

キスの習性としては、内湾の砂地に生息していて、砂の中に隠れたりしますが、餌をとる際などは底から3~40センチを浮遊しています。

数匹の群れを作っていて、餌にすばやく襲い掛かるので、いっぺんに何匹もつれることが多いです。

 


カレイの仕掛け

 

カレイの仕掛け

カレイも日本全国で釣れる砂浜からの投げ釣りの代表格ということができるでしょう。

砂浜からは主に、イシガレイとマコガレイがつれます。大きなものは50センチを超えますので、人気のつりの一つです。煮物にしても美味しいですね。

カレイは内湾の砂地に生息する魚で、海底に生息しています。ですから、シロギスよりもさらにタナが下になるということですね。当然ですが。

動きは鈍く、貝やムシ等を好んで食べます。

 


ハゼの仕掛け

 

haze.jpg

砂浜からの投げ釣りで、ハゼ(マハゼ)も非常に人気です。東京でも河口をはじめ狙うことができます。もっとも、あまり、食べる気にはならないのですげ・・・

初心者でも非常によくつれますので、家族サービスなどにもちょうど良い釣りといえるでしょう。最大で27センチくらいになります。

ハゼは、浅場の砂地で、河口近くの汽水域(淡水と海水が交じり合う場所)に生息しています。海底に生息しており、エビやムシを食べます。夏から秋は浅場、冬は深場へと移動します。


小アジ・サバ

sabiki2.jpg防波堤のつりとして、小あじや、コサバは非常に人気の魚種です。サビキ仕掛けで非常によくつれますし、子供も比較的簡単につることができます。

群れで行動していますので、いっぺんにたくさん釣ることもできます。


メバルの仕掛け(防波堤

 

防波堤のメバル釣り

メバルの防波堤での仕掛けについてご紹介いたします。大人は30センチくらいになりますが、防波堤では20センチくらいが最高でしょう。煮付けても美味しい魚です。目が大きいところから、メバルといわれているんだそうです。

メバルは岩礁の底の海草の多いエリアに生息しています。活発に餌を追いかけ、エビ、ムシ、小魚系を好んで食べます。


メジナの仕掛け(防波堤

 

メジナの仕掛け

メジナといえば、やはり磯釣りを思い浮かべる方も多いでしょうが、防波堤でも小型のもの~30センチを釣ることができます。岸壁や、テトラポットの周りなどで、潮が動く場所を好んで群れで生息します。

この釣りが人気の理由は、やはり引きでしょう。強い引きを楽しむことができます。

メジナは非常に敏感で、足音などにも驚いてしまいますので、十分に注意しましょう。また、撒きえを巻けば、貪欲に食べます。もちろん餌も同様ですが、ハリなどの異物を感じると、すぐに吐き出してしまうので、あわせが肝心になります。


グレ・メジナの仕掛け(磯

メジナの仕掛けすでに堤防でのメジナ釣りについては紹介いたしましたが、今回は磯での仕掛けを紹介しましょう。磯釣りは比較的上級者向けのつりとなります。

磯でターゲットとなるメジナは40~50センチくらいのメジナで、大きなものは70センチを超えることもあるといいます。引きは非常に強力で、取り込みにも相当のテクニックが必要です。そのため、上級者にはとりこになっている人も非常に多いのです。

すでにご紹介したとおり、小さな魚つまり、子供は防波堤周りの湾の内側にいることが多いのですが、大きくなると外に出て、磯などで暮らします。エビやムシ類を好みますが、磯でのメジナつりの場合は、エビ類が有効でしょう。以前も紹介したとおり、非常に敏感で、神経質な魚ですので、こちらも神経を使わなくてはいけません。


ヒラマサの仕掛け

ヒラマサの仕掛けぶりのような姿の魚で、回遊魚です。全国に生息しており、大きなものでは1メートルを超えるものもいます。

回遊魚ならではの強烈な引きから、ベテラン磯釣り師をとりこにしています。

ヒラマサは回遊魚で比較的暖かい海域を好んで日本中に広く生息しています。餌は、動物性プランクトンや小魚、エビなどを食べて生きています。回遊魚ですが、潮がよく流れる磯の周りに定着していることも多いです。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0