海釣り総合サイトでは、初心者、入門者、仕掛けの作り方、ルアー、潮位、貸し釣り舟などをご紹介する、海釣りの総合情報サイトでございます。

シロギスの仕掛け

 

キスノシカケ

投げ釣りの代表格といえるのが、このシロギスの投げ釣りでしょう。天婦羅、刺身なども非常に美味しいので、人気です。地方ごとにマギスなどいろいろな名前があります。

左の画像はクリックで拡大可能です。

キスの習性としては、内湾の砂地に生息していて、砂の中に隠れたりしますが、餌をとる際などは底から3~40センチを浮遊しています。

数匹の群れを作っていて、餌にすばやく襲い掛かるので、いっぺんに何匹もつれることが多いです。

 

キスのシーズン、季節

キスのシーズンですが、5月の頭~晩秋までつることができます。夏場は暑くない朝夕のまづめ時、そして、塩がよく動いているときによくつれます。

これは、潮の流れでキスの餌が砂地などから舞い上がったりして、捕食行動が活発になっているからです。潮の動きが活発なときを狙いましょう。

 

仕掛けについて

仕掛けはジェット天秤に、市販のキスしかけをつければOKです。様々な会社からキスの仕掛けが出ていて、非常にバラエティー豊かです。後はハリのサイズなどを気にすればよいでしょう。

キスを釣る場合は、海底のデコボコした場所や、かけ上がり、海草が生い茂っている周りなども狙いましょう。

 

なお、海底の様子は遠投して引いてくる際に、オモリの抵抗、引っかかる感じ、などを手がかりにポイントを探しましょう。

 

つり方としては、ポイントを探り、底より遠くに投げて、竿をゆっくりと立てては、寝かせて、糸を巻く、竿をゆっくりと立てては、寝かせて、糸を巻くとやって、ゆっくりと引いてきましょう。

アタリに気づかなくても、深く飲み込んでつれることがありますが、アタリをしっかりと見つけられれば、さらに釣ることができます。大きめにあわせるのがポイントです。

餌は、イソメまたはゴカイが良いでしょう。


ご質問やそれに対する回答などをお願いいたします





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0