海釣り総合サイトでは、初心者、入門者、仕掛けの作り方、ルアー、潮位、貸し釣り舟などをご紹介する、海釣りの総合情報サイトでございます。

カレイの仕掛け

 

カレイの仕掛け

カレイも日本全国で釣れる砂浜からの投げ釣りの代表格ということができるでしょう。

砂浜からは主に、イシガレイとマコガレイがつれます。大きなものは50センチを超えますので、人気のつりの一つです。煮物にしても美味しいですね。

カレイは内湾の砂地に生息する魚で、海底に生息しています。ですから、シロギスよりもさらにタナが下になるということですね。当然ですが。

動きは鈍く、貝やムシ等を好んで食べます。

 

カレイの釣れる時期・シーズン

カレイは、秋口から冬にかけて、産卵のために深場から、岸近くの浅瀬に寄ってきますので、このころがつりのシーズンになります。もちろん地方によってベストシーズンが若干異なります。

なお、カレイもがよく動いているときに活性が高まりますので、このころが狙い目でしょう。

 

カレイの釣り方

カレイもキスと同じように砂浜から遠投して狙いますが、キスのようにすこしずつ引きながら、アタリを楽しむ釣りとは少し異なります。

遠投して放置し、大きなアタリが竿先に来るのを待ちます。ですから、竿を3~5本程度並べて釣っている人が多いです。

ポイントは、潮の流れが速い場所です。こういった場所には餌も多いので、カレイはこんな場所を好みます。一番良いのは、潮と潮がぶつかり合う、潮目です。また、海底の溝などもそういった場所は流れができるので、好みます。やはり、投げてみて、地形を探るのも大切です。抵抗がある場所には溝などがある場合が多いので、そういう場所をポイントとしてゆきましょう。

 

ですから、潮流に流されてしまわないように、流れの強さによって、オモリの重さを変化させてあげることも大変重要です。

餌はイソメが一番でしょう。また、ゴカイなどもOKです。貝等もアサリをつける場合がありますが、遠投すると取れてしまうので、イソメが遠投向きです。

 

カレイのアタリ

カレイは一度食いつけば、あまり餌を吐き出さないので、あわせはほぼ不要です。放置して、糸が緩んでから引いてきましょう。


ご質問やそれに対する回答などをお願いいたします





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0