海釣り総合サイトでは、初心者、入門者、仕掛けの作り方、ルアー、潮位、貸し釣り舟などをご紹介する、海釣りの総合情報サイトでございます。

メジナの仕掛け(防波堤

 

メジナの仕掛け

メジナといえば、やはり磯釣りを思い浮かべる方も多いでしょうが、防波堤でも小型のもの~30センチを釣ることができます。岸壁や、テトラポットの周りなどで、潮が動く場所を好んで群れで生息します。

この釣りが人気の理由は、やはり引きでしょう。強い引きを楽しむことができます。

メジナは非常に敏感で、足音などにも驚いてしまいますので、十分に注意しましょう。また、撒きえを巻けば、貪欲に食べます。もちろん餌も同様ですが、ハリなどの異物を感じると、すぐに吐き出してしまうので、あわせが肝心になります。

メジナつりのシーズン、時期

メジナつりは夏から晩秋にかけてが防波堤でのつりのシーズンとなるでしょう。もちろんエリアによって多少前後します。

また、釣れる時間帯は、朝夕のまづめ時が一番つれますが、1日を通して釣ることができる魚です。

 

メバルつりのコツ

まず竿ですが、先端がやわらかくて、腰の強いものを選びましょう。長さは5メートル前後であればOKです。

ポイントが近い場合は、ウキは固定、遠い場合は遊動で仕掛けを作りましょう。防波堤などの場合は基本足場が高いので、遊動式が便利だとおもいます。また、ハリは小さめのほうが良いでしょう。さらにフカセつりもできます。

ポイントとなるのは、テトラの周りなど、潮がよく流れる場所がポイントとなります。そのアタリに群れていることが多いので、そこを狙います。かかった場合は群れを逃がさないように、うまく群れから切り離すのがポイント。このポイントは結構重要になります。

gokaimezina.jpgなお、あわせですが、早あわせはの必要はありませんが、しっかりとあわせないとつれませんので、中級者以上向けといえるかもしれません。あわせは大きく合わせず、こぶしに力を、くっとこめてくいっという感じで合わせます。

なお、防波堤の外の外海がしけているようなときに、よくつれるといわれています。そんなときは30センチ以上の大物がかかることだってありますよ。

なお、餌はゴカイなどが良いでしょう。

 


ご質問やそれに対する回答などをお願いいたします





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0