海釣り総合サイトでは、初心者、入門者、仕掛けの作り方、ルアー、潮位、貸し釣り舟などをご紹介する、海釣りの総合情報サイトでございます。

落とし込み仕掛け

防波堤でチヌを狙うなら、落とし込み仕掛けでしょう。

落とし込み仕掛けは、ウキ釣りや投げ釣りと違い、釣り人と魚がダイレクトにつながっており、非常にエキサイティングなつりのひとつではないでしょうか。

そのためこの釣りのファンが非常に多いです。

otoshikomi.jpg

もちろん釣り人の狙いは、チヌです。

また、上記のイラストからも分かりますとおり、独特の仕掛けと、リールがあります。竿も含めて専用のものが発売されています。

このつりをやる方は、中級者以上の方でしょうから、専用の道具をぜひともそろえましょう。

道具について

正直道具はお店に行けば専用品がありますので、ここで説明するまでもないのですが、念のため。

竿

専用竿で、先調子のものがよいかと思います。

リール

これも専用の太鼓リールになります。なぜ、昔ながらのこのリールが好まれるかといいますと、指で微妙な糸の出し入れができるので、繊細な糸の調整が可能で、魚との繊細なやり取りが可能なのです。また、太鼓は非常に安いものもあるので、コスト面でもありがたいでしょう。

そのほか

そのほか、針や、糸にいたるまで専用のものが出ています

テクニック

その1 糸を出しタナを取る 

 手で糸を引き出します。そして、ある程度タナを決めて落とし込みます。

冬は深場、夏は中層といいますが、つりは絶対はありません。ある程度のことを参考にして、さまざまなタナを試してゆきます。

その2 ポイント

ポイントは防波堤のすぐ近く、際です。5~20センチ位の防波堤際を維持します。近すぎると、貝などで切れてしまうことがあるので要注意です。

その3 つり方

つり方は、とにかく足を使うということです。一定の場所で、タナを探って、1分くらいであたりがなければすぐに移動です。5メーター間隔くらいで移動してゆきましょう。

その4 アタリ

 目印がある場合、目印が『引き込まれる』か『止まる』とアタリの合図です。

目印がない場合は、道糸で糸ふけを作って判断します。

その4 あわせる

 アタリがあったらクっと腕を前に出す感じであわせてください。その後は竿を一定の角度に立てて維持し、巻き取ります。

 

 


ご質問やそれに対する回答などをお願いいたします





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0