海釣り総合サイトでは、初心者、入門者、仕掛けの作り方、ルアー、潮位、貸し釣り舟などをご紹介する、海釣りの総合情報サイトでございます。

サビキ仕掛け

今日はサビキ仕掛けについてご説明いたします。防波堤・波止でアジやイワシが狙えます。数が狙えるので、家族での釣りにぴったりです。

初心者さんでも非常によくつれますよ。

sabiki.jpg

 

ここでは、防波堤で一般的に用いられる、小物用のサビキ仕掛けをご紹介いたします。

①竿

竿は、4~5メーターぐらいのもので、先がやわらかいものがオススメ。

安い竿で十分だと思います。

 

②仕掛け

 様々なものが市販されています。正直どれもよくできています。また、パッケージに狙う魚の種類も書いてありますので、それを見て買いましょう。

 はりは、小あじでしたら3~6号それ以上の場合はは7号~を使います。

サビキかごは仕掛けに合わせて、オモリ付かオモリなしを買いましょう。関東ではオモリなしの上かご、関西ではオモリ付の下かごが一般的なようです。

 

③餌

sssabiki.jpg ssssabiki2.jpg餌はオキアミを使います。

これをサビキかごに入れて魚をおびき寄せるわけです。

オキアミは釣具店に冷凍になって売っているものと、最近では、常温でパッケージにつめられて、よくつれるように配合されたものも売っています。基本的にはどちらでもよいと思いますが、パッケージ詰めのほうが、扱いやすいかもしれません。これをスプーンなどを使ってかごに入れます。また、チューブ式で手が汚れない便利なものも出ているので、家族連れにはよいと思います。

ちなみに、はりに餌をつける必要はありませんよ。

 

それでは、つり方をご紹介いたします。

 ①釣り場を選んだら、オキアミを投げてみる。

 魚が集まるのが見えればつれます。見えなくてもそのうち寄ってきます。ある程度投げ込んで、②へ移動しましょう。

 

②かごにオキアミ(コマセ)を入れて投げ込みましょう。

 かごにコマセを7割りくらいいれます。その際、つめこまづに、柔らかい感じで入れましょう。その後、底に着くまで仕掛けを落とします。

その後、2,3回リールを巻き、コマセを出します。すると、魚が集まってきますので、じっくりアタリを待ちます。基本的にはあわせる必要はなく、待てばOKです。

ただし、深場や船でサビキを使うときは、棚(魚のいる深さ)が分からないので、竿を上下に振りながら、リールを巻き、棚を探ります。

いろいろと、タナやつり方を試すのも釣りの楽しさですので、試してみましょう。

 

③魚がアタル

基本的にはじっとしていましょう。かかった魚が暴れて、コマセがさらに巻かれ、キラキラとしたかかった魚の魚影に他の魚も夢中で餌をあさります。

そのため、放置しておくと、さらに何匹も一緒にかかります。

 

④引き上げる

じっくり引き上げましょう。ビクビクという魚の振動が伝わり、非常に楽しいです。

陸まで引き上げたら、一番下のオモリを足で踏んで固定し、上から順番に魚を手ではずします。

簡単に外れますよ。

 

⑤この繰り返しで、クーラーボックスは満杯です!

 

 

 


ご質問やそれに対する回答などをお願いいたします





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0