海釣り総合サイトでは、初心者、入門者、仕掛けの作り方、ルアー、潮位、貸し釣り舟などをご紹介する、海釣りの総合情報サイトでございます。

ウキ釣り仕掛け

次に比較的中上級者向けのウキ釣りの入門仕掛けをご紹介いたします。

池や川では一般的なウキ仕掛けですが、海では少し難しい部類に入るかもしれません。

そこでまずは一般的な遊動ウキ仕掛けをご紹介いたします。

uki.jpg

ウキ釣りは、池川での浮き釣りとは異なり、仕掛けを流して探るつりです。

また、マキエを流して魚をおびき寄せて釣るのもその特徴です。テレビで、プロっぽい釣り人が長いヒシャクでマキエを打ち込んでいるのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

遊動ウキの長所

浮き下の長さがいくらでも伸ばせる。大げさですが、いくらでも伸ばすことが可能です。そのため、より広い棚を探ることができます。

どの程度流すのかによって、タナを間単に変えることもできます。

遊動浮きの短所

初心者にはアタリが分かりにくいです。ウキが固定されていないので、アタリがあり、糸が引き込まれても、固定浮きに比べて、あたりの伝わりが少ないといえます。

遊動浮き仕掛けは、最初はお店の店員さんに聞いたり、上級者に相談するなどして作ったほうがよいでしょう。

しかしながら、海でウキ釣りといえば、遊動式が一般的です。磯釣りなどを行うのであれば、覚えなければならない仕掛けです。

 

固定ウキ仕掛け

uki_yuudou.jpg遊動ウキ仕掛けに対する言葉が、固定浮き仕掛けです。

浮きが動かない固定された仕掛けです。川や池での浮き釣りと同じ仕掛けになっていて、初心者向けといえる仕掛けでしょう。

固定ウキの長所

固定浮きの長所は、仕掛けのなじみがよく、アタリがダイレクトに伝わります。

遊動ウキですと、浮きが動きますので、ダイレクトにアタリが伝わらないのです。

固定浮きの短所

当然ですが、ウキが固定されているので、竿の長さ以上に浮き下が取れません。そのため探れる範囲が限定的です。

ハリスの長さ

ハリスの長さは、初心者は1.5メートルほど取りましょう。

 固定式で狙えるタナは

固定式で狙える棚は、竿の長さと同じくらいの4メータ少々といったところです。

 

ウキ釣りは非常に難しいつりの一種です。

またの機会に詳しくご説明させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 


ご質問やそれに対する回答などをお願いいたします





TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0