海釣り総合サイトでは、初心者、入門者、仕掛けの作り方、ルアー、潮位、貸し釣り舟などをご紹介する、海釣りの総合情報サイトでございます。

投げ釣り

シロギスの仕掛け

 

キスノシカケ

投げ釣りの代表格といえるのが、このシロギスの投げ釣りでしょう。天婦羅、刺身なども非常に美味しいので、人気です。地方ごとにマギスなどいろいろな名前があります。

左の画像はクリックで拡大可能です。

キスの習性としては、内湾の砂地に生息していて、砂の中に隠れたりしますが、餌をとる際などは底から3~40センチを浮遊しています。

数匹の群れを作っていて、餌にすばやく襲い掛かるので、いっぺんに何匹もつれることが多いです。

 


カレイの仕掛け

 

カレイの仕掛け

カレイも日本全国で釣れる砂浜からの投げ釣りの代表格ということができるでしょう。

砂浜からは主に、イシガレイとマコガレイがつれます。大きなものは50センチを超えますので、人気のつりの一つです。煮物にしても美味しいですね。

カレイは内湾の砂地に生息する魚で、海底に生息しています。ですから、シロギスよりもさらにタナが下になるということですね。当然ですが。

動きは鈍く、貝やムシ等を好んで食べます。

 


ハゼの仕掛け

 

haze.jpg

砂浜からの投げ釣りで、ハゼ(マハゼ)も非常に人気です。東京でも河口をはじめ狙うことができます。もっとも、あまり、食べる気にはならないのですげ・・・

初心者でも非常によくつれますので、家族サービスなどにもちょうど良い釣りといえるでしょう。最大で27センチくらいになります。

ハゼは、浅場の砂地で、河口近くの汽水域(淡水と海水が交じり合う場所)に生息しています。海底に生息しており、エビやムシを食べます。夏から秋は浅場、冬は深場へと移動します。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 

サイト内検索


月別アーカイブ

RSS2.0